今回のスタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントでは、前回の「エクセルのVLOOKUP関数を使って業務効率をアップしよう①」の続きになります(ちょっと間が空いてしまってすいません)。 前回はVLOOKUP関数の概要について説明をしましたが、今回は実際にVLOOKUP関数を使用する手順を例題を使ってご紹介したいと思います。 VLOOKUP関数は、事務系、技術系に関係なく覚えておくととても便利な関数なので、ぜひ練習をして使いこなせるようようになってくださいね。
今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、昨年末に掲載した「ワードでニューススクラップを作る1」の続きです(しばらく間が空いてしまい、申し訳ありません)。 前回は、インターネット上の記事をコピーしてワードに貼り付けるところまでの作業を行いました。 今回は、この貼り付けた記事の本文の部分を2段組構成に変更して、ニュース記事のスクラップらしい見栄えにしていきます。

令和元年も、残すところあと3日。 年が明け2020年になったら、サッカーの天皇杯だ、箱根駅伝だ、さらには東京オリンピックだって感じでスポーツの一大イベントが目白押し。 仕事でこれらの一大イベントをテレビの生中継で観れなくても、スマホやパソコンでインターネットを介して結果や戦況をチェックされる方も多い事と思います。 インターネットが普及したおかげで、ほぼリアルタイムでスポーツの結果や戦況がチェックできるようになったことは本当にうれしい限り。ただ、いろんな情報にアクセスできる分、自分の情報にアクセスされる危険性が増したのも事実。
コラム · 2019/12/27
早いもので、今日は2019年の12月27日。令和元年の今年も、あと4日ほどで終わりを告げようとしています(教室は、12月28日が最終日です)。 みなさんにとって2019年は、どんな年でしたか? スタディPCネット大分高城校の2019年は、みなさんのおかげで次のステップへと進む土台を形成出来た年でした。

2019年のヒューマンアカデミーのロボット教室@スタディPCネット大分高城校は、12月21日(土)で年内のレッスンは全て終了しました。 ヒューマンアカデミーのロボット教室を開講して2年目となった今年は、新規入会者も着実に増え、教室運営も1年目よりは何とか上手く行うことができました。 教室運営が上手くいった背景には、私自身が多少なりとも努力をしたこともあるのかもしれませんが、やはり一番大きいのは保護者の方々のご協力。
今回からしばらくの間、スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントでは、データ抽出をする際に必要不可欠な関数「VLOOKUP」関数をご紹介していきたいと思います。 売上げリストや顧客リストに記載された商品コードや顧客コードをもとに、別の表に記載された情報を紐づけしてリスト中に転記したい場合、いちいちその情報が記載された表を見ながら情報を手入力なんかしていませんか?

今回からのパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、ワードを使ったニューススクラップの作り方についてご紹介していきたいと思います。 ワードに限らずパソコンのソフトは、いろんな技を覚えることも大事ですが、いろんな技の勉強をしても、それらを活用しなければ忘れてしまいます。 しばらくの間本コーナーでは、実際にいろんなものを作っていきながら、これまでご紹介してきた技を実際に活用する方法ご紹介していきます。
コラム · 2019/12/10
開校して3回目の年末。 過去2年間は、年賀状作成やカレンダー作成を目的にした生徒さんの受講回数が増えたり、同じ目的で新規に入会したりする生徒さんが増えて教室が活気づいていた感じだったが、今年は何となく違うような感じとなっています。 もちろん、年賀状作成やカレンダー作成をされる方も多数いらっしゃるのですが、今年は仕事での活用や就職を目指す方の受講が12月に入ってから増えてきています。

今回のスタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、前回の「エクセルでヘッダーに日付やファイル名を入れる」に続き、今度はヘッダーに図を挿入する方をご紹介致します。 エクセルで作成した見積書や資料の上の部分に会社のロゴマークなんかを入れるケースがあると思います。直接シートのそのロゴマークをは貼り付ける方法もありますが、この方法だと資料が複数ページにまたがる場合にはすべてのページのいちいちロゴマークを入れていかなければなりません。
今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、前回の「ワーデで作成した表に網かけをする」ワードで作成した表の装飾第2弾。 表の罫線の色や太さを変える方法をご紹介致します。 表にアクセントを加えるために、表の外枠だけを太い罫線にしたり、色を変えたりしたくなることが多々あると思います。 表に使われている罫線を変更する方法はいくつかあるのですが、今回は個人的にもっとも分かりやすいと考えている方法をご紹介したいと思います。

さらに表示する