ブログカテゴリ:パソコン教室,スタディPCネット,大分,高城校,エクセル,上達ワンポイント,データバー,条件付き書式



今回ご紹介するのは、データバー。 表中に単なる数値が並べられているだけだと、数値の大小イメージや、全体の数値傾向がどの様になっているのかを把握するのは難しいものです。 この様な場合はグラフを活用するというのが一つの解決策ではありますが、表とデータが別々の位置に表示されるため、表とグラフをそれぞれ確認する必要があるうえ、グラフではデータを表示させるために設定変更をしなければならないなどの手間が必要になってきます。 全体的な傾向を確認したいけど、グラフまで作成するのは面倒だといったケースでは条件付き書式のデータバー機能を使うと便利です。