エクセル(Excel)上達ワンポイント

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、条件に合ったものだけの平均を算出していくれる「AVERAGEIF」関数についてご紹介致します。 基本的な使い方は、先週「SUMIF関数を使って条件を指定した集計を行う」で紹介した「SUMIF」関数と同じなので、先週の投稿と合わせて見てもらうと理解しやすいかと思います。
今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、条件に合ったものだけを合算してくれる「SUMIF」関数についてご紹介致します。 顧客リストや売上表、各種実験データなどをエクセルの表にまとめている方も多くいらっしゃると思います。 これらのリストやデータは本来表にする事が目的ではなく、これらを使って各種集計を行い分析していく事が重要ですが、リストやデータが大きくなるほど集計作業は大変。

作った数式を修正するケースは多々あるものですが、関数をネストしていると修正がちょっと大変だったりしますよね。もちろん、入っている数式を直接書き直すことも可能ですが、普段ダイアログボックス使って数式を入れている人にとっては直接数式を入力するのはちょっと大変。 その様な場合は、今回紹介する方法で数式を修正することをおススメ致します。
今週のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント講座は、先週の「IF関数をネストして条件別の結果を表示する①」の続き。 先週の「IF関数をネストして条件別の結果を表示する①」では、IF関数をネストする前の前準備として、条件の整理と分岐処理の流れを確認しました。今週は先週整理した分岐処理の流れに沿って、実際にネストしたIF関数を記述していきたいと思います。

今週は、IF関数をネストして使用する際の、前準備編。 実際のエクセル操作は来週以降の紹介となりますが、ここを理解していないとIF関数をネストして使用できないので、しっかりとチェックしておいてくださいね。 「ネスト」とは「入れ子構造」という事で、IF関数をネストするというのはIF関数の中にIF関数を入れて使用することを意味します。 この様な構造を取ることで、A条件の場合の処理、B条件の場合の処理、C条件の場合の処理といったような分岐処理が可能になります。
今週のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント講座は、先週の「IF関数を使ってみる①」に続き、IF関数に関してのご紹介になります。 先週の「IF関数を使ってみる①」では論理式の条件を数値にて指定していましたが、論理式には文字列も使えるので、今回はその方法についてご紹介したいと思います。

今週からしばらくの間、パソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント講座では代表的な関数の使用例をご紹介していきたいと思います。 第1弾は、IF関数。 IF関数を使用すると、判定条件にしたがい異なる値をセルに表示する事が出来るため、テストの合否判定を自動で判別したり、条件を満たしたお客さんのみ割引金額を計算するといった表をエクセルで作成する事が可能になります。
エクセルに氏名などを入力した際、日本語入力モードに切り替えるのを忘れていて気が付いたらローマ字が入力されていたなんて経験はありませんか? エクセルの場合、ワードと違って半角英数字を取り扱う機会が多いことから、この様なちょっとしたミスは良く起きる事ですが、予め対象セルを選択したさいに自動で日本語入力に切り替わるように設定しておくと、このようなミスを未然に防ぐことが出来ますよ。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント講座は、「入力規則を設定する」の応用編。入力値をリストから選択する方法についてご紹介致します。 エクセルを使ったアンケート用紙では、回答欄に任意の値を入れられてしまうと、同じ内容でも書き方が違っていたり、選択肢にない答えを記入されたりしてしまい、あとで集計作業をするのが大変になってしまいます。 この様な場合は、入力値を予め設定しておいたリストから選択する様にしておくと入力間違いがないばかりか、入力する方もインプット作業が軽減されるので楽になります。
今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント講座は、前々回の「入力規則を設定する」、前回の「入力規則に入力時メッセージを追加する」に続き、入力規則に関するご紹介です。 入力規則設定をセルに対して行っておくと、入力規則を設定した場所に設定範囲外の値を入力したさいエラーメッセージが表示されますが、単なるエラーメッセージだけだと入力した人は何が悪かったのかが分かりづらいケースがあります。 この様な場合は、入力規則にエラーメッセージを設定しておくと、入力ミスをした際に何が悪かったのかをすぐに判断できるようになります。

さらに表示する