エクセル(Excel)上達ワンポイント

例えば予定表をエクセルで作成する場合、日曜日の予定を記入する部分はセルの色を赤系の色で塗りつぶして、休みであることを簡単に確認できるようにしておきたいですよね。 毎回、地道にセルの塗りつぶしを対象セルに設定していくのも一つの方法かもしれませんが、今回ご紹介する方法を使えば曜日欄に記載された曜日に従い対象セルの塗りつぶしを自動で変更してくれますので、ぜひ活用してみて下さい。
パソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイント|エクセルで特定の値のセルに書式を設定する
先週のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントでは、「エクセルで条件付き書式をクリアする」条件付き書式をクリアする方法をご紹介しました。 今週からは、条件付き書式シリーズの第2弾として、セルが特定の値の時にだけ書式を設定する方法をご紹介致します。 今回は、曜日の欄に「土」と記載されていたら文字を青色に、「日」と記載されていたら文字の色を赤色に設定する例をつかって操作方法のご紹介をします。

先週までパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントでは、さまざまな条件付き書式の活用方法についてご紹介してきました。条件付き書式については、先週までにご紹介した機能以外にも便利な機能がありますが、今週はそれらのご紹介を一休みして条件付き書式のクリア方法についてご紹介したいと思います。 条件付き書式を設定すると、セルの値を消しても設定された書式は残ったままとなってしまいます。
今日ご紹介するのは、データの上位項目・下位項目に書式を設定する方法。 実は、7月11日の本コーナーで「エクセルの条件付き書式で上位項目に色を付ける」と題して同様の内容をご紹介しているのですが、その後の反響として「同じ列内にデータがなくても設定できるの?」、「上位と下位など複数の条件付き書式を設定出来るの?」などの質問があがった事から、今回はその点に着目した形で再度本機能をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、データバー。 表中に単なる数値が並べられているだけだと、数値の大小イメージや、全体の数値傾向がどの様になっているのかを把握するのは難しいものです。 この様な場合はグラフを活用するというのが一つの解決策ではありますが、表とデータが別々の位置に表示されるため、表とグラフをそれぞれ確認する必要があるうえ、グラフではデータを表示させるために設定変更をしなければならないなどの手間が必要になってきます。 全体的な傾向を確認したいけど、グラフまで作成するのは面倒だといったケースでは条件付き書式のデータバー機能を使うと便利です。
今週からのパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、条件付き書式の活用方法について暫く間ご紹介していきたいと思います。 多くのデータの中から、条件にあったデータをピックアップするのは非常に骨の折れる作業であるとともに、人間がその様な作業をするとミスを犯してしまい正しいデータの抽出が出来なかったりします。 この様な場合は、条件付き書式を活用して条件に見合ったデータのみに色を付けてあげることで簡単に条件に合ったデータを見つけることが出来ます。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、IF関数、SUMIF関数、AVERAGEIF関数に続くIFシリーズ。COUNTIF関数についてご紹介致します。 例えば、顧客リストをエクセルでまとめている様な場合、そのリストを使って男女別の人数を数えたり、大人と子供の人数を分けて数えたりしたい時ってありますよね。この様な際には、COUNTIF関数を使う事で簡単に集計することが可能です。
今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、条件に合ったものだけの平均を算出していくれる「AVERAGEIF」関数についてご紹介致します。 基本的な使い方は、先週「SUMIF関数を使って条件を指定した集計を行う」で紹介した「SUMIF」関数と同じなので、先週の投稿と合わせて見てもらうと理解しやすいかと思います。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のエクセル上達ワンポイントは、条件に合ったものだけを合算してくれる「SUMIF」関数についてご紹介致します。 顧客リストや売上表、各種実験データなどをエクセルの表にまとめている方も多くいらっしゃると思います。 これらのリストやデータは本来表にする事が目的ではなく、これらを使って各種集計を行い分析していく事が重要ですが、リストやデータが大きくなるほど集計作業は大変。
作った数式を修正するケースは多々あるものですが、関数をネストしていると修正がちょっと大変だったりしますよね。もちろん、入っている数式を直接書き直すことも可能ですが、普段ダイアログボックス使って数式を入れている人にとっては直接数式を入力するのはちょっと大変。 その様な場合は、今回紹介する方法で数式を修正することをおススメ致します。

さらに表示する