ワード(Word)上達ワンポイント

パソコン教室スタディPCネット大分高城校のワードワンポイント上達講座。今回は、「ワードで傍点を設定する」です。 文中で強調したい語句などがあった場合には、文字の上に点などを打つ場合がありますが、この点の事を傍点と言います。 ワードでは、この傍点を簡単に打つことが出来るので、強調したい語句などが文中にある場合には是非活用して文章を印象の残るものに仕上げましょう。

パソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイント。今回は、「ワードで対象以外の列幅を変えずに列の幅を変更する方法」についてご紹介します。 通常ワードで表を作成した後に各列の幅を変更するには、マウスを幅を変えたい縦線に合わせ、マウスの位置を表す矢印が”両方向の矢印の間に二重線”に変化した所でクリックしたままマウスを左右に動かす事で列幅を変更する事が出来ます。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、前回の「段落罫線の幅を変更する」に続き、段落罫線に関するワンポイントです。 せっかく入れた段落罫線、味気ない黒の罫線よりも色や太さを変えてより強調したいと思う時も多々あるかと思います。今回は、その為に行う段落罫線の線種の変更についてご紹介致します。 まずは、基本中の基本。対象となる段落罫線が書かれた部分を選択。 次に、【ホーム】タブの【段落】リボン内にある【罫線】をクリック。メニューが表示されたら、【線種とページ罫線と網掛けの設定】をクリック。

前回のワード上達ワンポイントでは、段落罫線を引く方法を紹介しましたが、今回は挿入した罫線の幅を変更する方法について紹介します。 段落罫線は引いたんだけだと、横幅がページの余白部分との境目まで延びてしまうので囲んだ文字の数や大きさによっては余白部分が多くなってしまい、バランスが悪く見えてしまうケースがあります。 この様な場合は、段落罫線の幅を変更してバランスを整えてあげましょう。

文章内で重要な部分や、特に注意して読んで欲しい部分を罫線で囲んで強調したいときってありますよね。 罫線で文章の一部を囲むには図形の四角を使って囲む方法もありますが、この方法だと字の大きさやフォントを変えた時に図と文字の位置関係がずれてしまい、再度調整が必要になってくるので面倒。 こんな時は、罫線を使って強調したい部分を囲んじゃいましょう!

ワードで表を作成したあとに、作成した表全体を丸ごと消去したい場合と、表自体は残しておいて表内の文字だけを消去したい場合の二通りのパターンがありますよね。 ワードでは【Backspace】キーと【Delete】キーを使い分ける事で、表全体を消去したり、表内の文字だけを消去したり出来ますよ。 まずは、表全体を選択。 表を全体を選択するには、対象となる表の右上角にマウスを持っていくと【+】のマークが表示されるので、そこをクリックすればOK。 その後、表全体を消去する場合は【Backspace】キーを押すと表が罫線も含めて全て消去されます。

ワード(Word)で表を一旦作成した後に、行や列が足りずに追加したくなる事ってありますよねぇ。 一般的には、表中の行や列を挿入したい部分を選択して、【表ツール】から【レイアウト】を選択、【行と列】グループ内から希望の挿入モードを選択すると行や列が挿入されます。 ただこの方法だとタブを切り替える必要があるので、その分マウスやクリック操作が多くなってしまいます。 行や列を挿入するだけなら、表の挿入したい部分の行側なら一番左、列なら一番上の部分にマウスを移動します(表の縦線と横線が交わる部分)。

ワード(Word)で各種イベントの案内を作成する際、案内文の最後に参加申込書を作成するパターンがありますよね。 参加申し込みの部分は表機能を使用して作成すると見栄えも良く、記入する方も記入箇所が明確になるのでぜひ活用したいところ。 ただパソコンの画面で表を作成していると実際に印刷した際のサイズがイメージ出来ず、印刷したら表が小さすぎたり、逆に大きすぎてカッコ悪かったりするケースってありませんか? そんな事態を避けるため、このようなケースでは表の列幅や高さを数値を使って指定してあげましょう。 使い方は簡単。

文章の日付や発行者を右側に配置したり、題目を中央に揃えたりする際、空白を強制的に文字の頭に入れて揃えている方が思いの外いらっしゃいます。 なんとか力業で体裁を整えようとする努力は認めますが、この方法だと文字の大きさやフォントを変えたり、文書全体のレイアウトを変更したりすると形が崩れてしまい、再度空白を入れなおして体裁を整える作業が必要となり、結果的に文章作成に時間がかかってしまいます。

ワード(Word)を使っていて一番多いミスは、なんと言っても漢字の変換ミス。 最近は難しい漢字は書けなくとも、簡単にコンピュータが漢字の候補を出してくれるので楽なのだが、漢字によっては選択肢が多くなり、ついつい選択ミスをしてしまいがちです。 ところで、漢字の変換ミスを見つけた場合、みなさんはどの様に修正していますか? 教室で各生徒さんを見ていて一番多い修正方法は、ご変換した文字を消して打ち直すパターン。 まぁ間違っているのだから、消して修正するというのは当たり前といえば当たり前。 だけど、ワードの場合はiわざわざ変換ミスした漢字を打ち直さなくても簡単に再変換してくれるんですよ。

さらに表示する