ワード(Word)上達ワンポイント

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、文字列に網掛け設定をする方法についてお伝え致しまーす! 文書内でアピールしたい部分を際立たせるには、文字の色を変えたり、太字にしたり、傍点を付けたりなど様々な方法がありますが、意外と効果的なのが文字列への網掛け。 シンプルな設定ですが、文字の背景も含めて見た目が変わる事から、設定しておくと意外と文書内で目に留まるようになります。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、囲い文字の設定を行う方法についてご紹介しまーす! ワードで契約文書などを作成する際、印鑑を押す部分に印の字を〇で囲んで記載しておきたい時ってありますよね。 また自分の名前や会社名の先頭一文字を文章中でロゴっぽく見せるために、〇や□で囲みたい時などもありませんか? こんな時は囲い文字の設定を行う事で、任意の文字を〇や□で囲んで表示する事が出来ます。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、難しい漢字に読みがなを付ける「ルビ」の設定方法についてのご紹介です。 人名や地名など、読み方が難しくて分からない漢字って沢山ありますよねぇ。 文章を書いている方からすると、読み方が分かったうえで文章を書いているかもしれませんが、出来上がった文章を読む方からすると普段目にしない読み方の難しい漢字が文章中に混じっていると、読めない事がストレスとなって文章を読む気力が萎えてしまうものです。

パソコン教室スタディPCネット大分高城校のワードワンポイント上達講座。今回は、「ワードで傍点を設定する」です。 文中で強調したい語句などがあった場合には、文字の上に点などを打つ場合がありますが、この点の事を傍点と言います。 ワードでは、この傍点を簡単に打つことが出来るので、強調したい語句などが文中にある場合には是非活用して文章を印象の残るものに仕上げましょう。

パソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイント。今回は、「ワードで対象以外の列幅を変えずに列の幅を変更する方法」についてご紹介します。 通常ワードで表を作成した後に各列の幅を変更するには、マウスを幅を変えたい縦線に合わせ、マウスの位置を表す矢印が”両方向の矢印の間に二重線”に変化した所でクリックしたままマウスを左右に動かす事で列幅を変更する事が出来ます。

今回のパソコン教室スタディPCネット大分高城校のワード上達ワンポイントは、前回の「段落罫線の幅を変更する」に続き、段落罫線に関するワンポイントです。 せっかく入れた段落罫線、味気ない黒の罫線よりも色や太さを変えてより強調したいと思う時も多々あるかと思います。今回は、その為に行う段落罫線の線種の変更についてご紹介致します。 まずは、基本中の基本。対象となる段落罫線が書かれた部分を選択。 次に、【ホーム】タブの【段落】リボン内にある【罫線】をクリック。メニューが表示されたら、【線種とページ罫線と網掛けの設定】をクリック。

前回のワード上達ワンポイントでは、段落罫線を引く方法を紹介しましたが、今回は挿入した罫線の幅を変更する方法について紹介します。 段落罫線は引いたんだけだと、横幅がページの余白部分との境目まで延びてしまうので囲んだ文字の数や大きさによっては余白部分が多くなってしまい、バランスが悪く見えてしまうケースがあります。 この様な場合は、段落罫線の幅を変更してバランスを整えてあげましょう。

文章内で重要な部分や、特に注意して読んで欲しい部分を罫線で囲んで強調したいときってありますよね。 罫線で文章の一部を囲むには図形の四角を使って囲む方法もありますが、この方法だと字の大きさやフォントを変えた時に図と文字の位置関係がずれてしまい、再度調整が必要になってくるので面倒。 こんな時は、罫線を使って強調したい部分を囲んじゃいましょう!

ワードで表を作成したあとに、作成した表全体を丸ごと消去したい場合と、表自体は残しておいて表内の文字だけを消去したい場合の二通りのパターンがありますよね。 ワードでは【Backspace】キーと【Delete】キーを使い分ける事で、表全体を消去したり、表内の文字だけを消去したり出来ますよ。 まずは、表全体を選択。 表を全体を選択するには、対象となる表の右上角にマウスを持っていくと【+】のマークが表示されるので、そこをクリックすればOK。 その後、表全体を消去する場合は【Backspace】キーを押すと表が罫線も含めて全て消去されます。

ワード(Word)で表を一旦作成した後に、行や列が足りずに追加したくなる事ってありますよねぇ。 一般的には、表中の行や列を挿入したい部分を選択して、【表ツール】から【レイアウト】を選択、【行と列】グループ内から希望の挿入モードを選択すると行や列が挿入されます。 ただこの方法だとタブを切り替える必要があるので、その分マウスやクリック操作が多くなってしまいます。 行や列を挿入するだけなら、表の挿入したい部分の行側なら一番左、列なら一番上の部分にマウスを移動します(表の縦線と横線が交わる部分)。

さらに表示する